小説-入選でも|著=国会と議員を探せ

 万一その作品が入選でもしようなら、私にもその権利はあるはずだ。いくらかの賞金が出るだろうから、何か奢って貰える様に、新聞をチェックしておかないと。だが、私の思いは遠く何処かに飛んでいた。

「ああ、やっぱり鍵はこの男だなぁ。今年なぁ、この男がエラーさえしなければねぇ。かなり期待が持てるよねぇ。エラーしたら、即二軍行きだわなぁ」

 そう言って私に新聞記事の一部を見せ、その選手の写真を軽く叩いていた。このおじさん本気で小説を書くつもりがあるのだろうか。ちょっと心配だ。直ぐに彼女からメールが来た。

「ありがとう。それと今日はうれしくてメール送るの少し時間がずれちゃった。ごめんね。それから今日の約束忘れないでね」思わず顔をほころばす自分が恥ずかしい。『次も、良いメール内容を送ろう』だが、私の頭に浮かんできた言葉は『携帯とは何者だ』

 携帯を持つようになって三年位だろうか、私が営業に配属されてからだ。今の社会は携帯無しには仕事が出来ない。それはだれでもが思う事だろう。ただ気になる事は記憶力だ。どんどんその記憶力が衰弱していく気がしてならない。

 学生の頃は自分の家は当然の事、友人や、その頃の彼女、それら全ての電話番号が頭に入っていた。だが今は、その自分の家の番号が思い出せない。082627までは覚えている、その後の四桁が思い出せない。その事に気が付いた時、念のために手帳に記入しておく事にした。万一携帯が無くなったら、二度と思い出す事は出来ないだろうから。良い文面に続く。

勝手にコメント―ネット上の記事

 ネット上には様々なウェブサイトが存在し、そのサイト内にも様々な記事が載っています。それらの記事はホームページの運営者さんたちが、自らのサービスや商品、あるいはご自身の趣味を多くの人に見ていただく為に書かれたものですが、私が勝手にコメントを付けてみようかと思っております。他意はありませんが、面白おかしく読んで頂けると嬉しく思います。東大阪|一戸建てもご一緒に如何でしょう?

他の創作小説-紹介です

多くの場合、それは最終的な候補で書店で残りだけで顔触れにとって見えます。 それは言います、そして、「売ることは、理解されないこと」からそれを販売するのにおいて可能であるのが、とにかく感じです。 詳細: ここ、お願いします。

ネット上の記録-記事編

 メールマガジン'小説を販売する方法'で無料告知広告の新人募集、仕事の貢献のガイド、および未来の情報は通知されます。 必ず、読者登録がないこの機会で登録されていた状態で私をさせてください。

ライバルが必然的に新聞などがものから大いに後援しているローカルの刺さるnamonoに一般を選ぶのが、その場合目的とされる文学賞に、それは良いかもしれません。 ローカルの新聞が読まれるなら、アプリケーションアウトラインはかつての1年、および詳細に関して説明されます: ここ、お願いします。

 瞬間であり、ホールアウトして、小説があるという感覚への手が目新しい作家を目的とする多くの人々にとって見えて、もっとも、存在するので、視線を変えるのは、いくらかそうです。 あるのが、それの理由ではありませんが、ちょっとそれに注意するのが、必要である、もちろん重要な問題、感覚であるときに、普通の小説を書くことができないので、小説は書かれています

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります