小説-読み終える|著=国会と議員を探せ

 その文章を読み終える頃「ああ、どうかしたんやぁ」「これ、彼女なんですよ」

 私はその新聞を返し、記事の中にある読者のコーナーを指差した。

「ふーん。あー、あー、有坂ひとみねぇ。そうかぁ、そうねぇ。ふん、ふん」

 おじさんがそう言うので、私の彼女を知っているのかと思い「知っているんですか、私の彼女」と尋ねる。なのに返ってきた答は「ああ、知らん」

 知らないのなら、知っている振りをしなければ良いのに。と思っていたら「ああ、なかなか良く書けちょるよ」

「えっ、何がですか」 「この文章がよぅ」

 そう言って新聞を指で軽くたたく。

「へー、そうなんですか」

 文章とか、作文だとか、手紙などがそんなに得意では無い私にはよく分からない。ただ彼女がいろいろ書いている事は知っていた。その彼女の書いた文章が、良く出来ているという事らしい。

「わしゃ、小説をかいちょるが、なかなか良い文章というもんは書けないもんでねぇ……。実はわしゃ、この新聞の、短編文学賞に出そうと思っているんじゃ。だがのぅ、なかなか良いアイディアが出てこんでのぅ、可部線の事でも書こうかぁ、と思っているんじゃ」

「ふーん、可部線ですか……。でもそれって、誰でも書く題名じゃないですか。皆と同じような話の展開にしか、成らない。そんな気がしますがね……。それよりは誰もが持っている携帯なんかはどうですか。今は当たり前の物ですけど、それだからこそ、かえって面白い物が出来上がるような気がします」

 私は思いつくままに言葉を並べた。それは彼女の影響と、メールを始めてからの、私の中に現れた、少しの変化だろう。

「うーん」と黙り込んでしまったおじさん。その横で彼女にメールを返信しようと考えていた。そして私も考え込んでしまった。なんとメールを送れば良いのやら。 『何時もどおりでは駄目だ。私も喜んでいる。そんな表現が欲しい』

 確かにおじさんが言った「文章は難しい」の意味が、私にも判ったような気がした。それでも何とか文章を作り上げ、彼女にメールの返事を送る事が出来た。おじさんは、まだ考え込んでいるようだ。私の言った、携帯という題名が気に入ったのだろうか。そう思うと少しうれしくも思う。

入選でも

勝手にコメント―ネット上の記事

 ネット上には様々なウェブサイトが存在し、そのサイト内にも様々な記事が載っています。それらの記事はホームページの運営者さんたちが、自らのサービスや商品、あるいはご自身の趣味を多くの人に見ていただく為に書かれたものですが、私が勝手にコメントを付けてみようかと思っております。他意はありませんが、面白おかしく読んで頂けると嬉しく思います。

他の創作小説-紹介です

しかしながら、以下の仕事はそれでそうでなければ、「それはそうではありません」という考えでありより安全な販売です。 次に、一生仕事をもらうことができるように、文学賞はありませんか?Itは実際にそうです。 ..詳細そうしたいなら、とても高いハードルがある内容は要求されていますが、作家になってください。トライアルが欲しいです…

 軽い小説を特に書いている多くの人々が、様々なものが小説の分野にありますが、存在するように思えます。 その場合、それが目的とされるべきである文学賞と呼ばれる分野への何のセットが軽い小説であるか目的とする翻訳ですが、実際に発行されるべき可能性が一般的なものと比べて最も高いのは、軽い小説です。

ネット上の記録-記事編

 瞬間であり、ホールアウトして、小説があるという感覚への手が目新しい作家を目的とする多くの人々にとって見えて、もっとも、存在するので、視線を変えるのは、いくらかそうです。 あるのが、それの理由ではありませんが、ちょっとそれに注意するのが、必要である、もちろん重要な問題、感覚であるときに、普通の小説を書くことができないので、小説は書かれています

 今回、それによって、ネットの雑誌が発行されて、詳細にそれを得たとき編集主任として人の活力を注ぐサイトの文学賞に挑戦する節がわかります。そして、選択を達成する仕事は、公衆に公開されました。 範囲が書かれている文であれば、それが選択されているかどうかを評価基準と呼ぶことができます。

 小説として特に、参加していた作家のすばらしいsonretsuを送る仕事から目新しい筋肉トレーまで1つの仕事フェルト構造だけを選定してください。テーマに関して、'穴'は現在、仕事選択に間に合っています。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります